つれづれ はな日和


空いた時間につれづれと。ポメのはなのこと、オリジナル料理のレシピなど。
by hana-mama-pome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

1週間がたちました

いまだ余震もあり、原発の状態も予断を許さない状況
山形も、停電こそ最初の25時間ですみましたが
物流の寸断はいまも続き、細々と遠方から物資を分けてもらっている状態。
スーパーには、まだほとんどモノがなく、コンビニも数少ない商品があるだけの状態です。

うちは二人とも怪我なく、犬も元気で暮らしています。
食料も2週間分はあるので問題なく、ただガソリンがないので
往復12キロの道のりを歩いて通勤したりしています。

それでも、お風呂に入れるだけ
自宅にいられるだけ
宮城や岩手、福島の方より幸せです。
山形にも4千人をこえる福島からの避難民の方がきています。
早く福島の方が故郷に帰る日がくるように、または
宮城や岩手の方たちが、しばらくの間
家族だけですごせるおうちが、みつかればいいなと思います。

まだまだ物資がいきわたっていない避難所の方たちが
少しでもよい環境になりますように。
[PR]
# by hana-mama-pome | 2011-03-19 21:56 | 今日のひとこと

2010年4月沖縄旅行

4月に沖縄にいってきたのですが、
4月以降めちゃくちゃ忙しく全然ブログをアップする気になれないまま今に至るw
いまさらながら、一応アップしておこうと思います。

夫がずっと忙しく、まともに土曜日も休めず(一応週休二日・祝日なしだけど
基本的に土曜日は隔週で休むことにしているはずが)ほとんど年明けから月4日から5日の
休日で過ごしていて、精神的にもへろへろ。
2009年の冬休みもまともにとれず、9連休はあまったまま・・・
そして、マイルでアメリカに・・・と野望を抱いてためまくったANAのフライトマイル7万マイルが
そろそろ大きく失効する時期に・・・(2007年の新婚旅行分Cクラスアメリカ往復)
かといって、アメリカなんていってる時間はないし・・・
フライトマイルを国内で使うにも、そんなに消費しないので
フライトマイルをe-couponという航空券やツアー代金に充当できるポイントにかえ
パックを購入することにしました。
フライトマイルのほうが御得だけど、失効させるよりはマシ。

私は7万マイル、夫は6万マイルあったので・・・
合計15万円分のクーポンに交換。

せっかく15万あるんだから、追加して少し贅沢な旅行にしよう
と「沖縄ちょっと贅沢ツアー」を企画。

往復プレミアムクラスにホテルは、クラブレベル
レンタカーはダイムラクライスラーのPTクルーザーと奮発してみました。
それでも、実際追加した持ち出しは、通常の沖縄パックくらい。

とにかくのんびりすることを目的に出発しました。

往復仙台から那覇の直行便。
ロビーにつくと、あれ・・・
なんと修学旅行生が。
「え?まさか一緒?」
「一緒だろう・・この時間なんだから」
JTBの添乗員がうろうろしており、夫は「なんだ、あのTC」と
TCの動きにいちゃもんを(笑)添乗経験のある人間は、
どこにいっても添乗員とかガイドさんの動きが気になるようで
たいてい文句をつけてますw

修学旅行生はいても、プレミアムクラス(8席くらいしかない・・・)
だったので静かに沖縄まで飛ぶことができました。
フライトは3時間弱。

那覇空港に到着すると、なんだか外国の香り。
なんでしょうね?那覇空港って外国の空港のニオイなんですね。
ちょっと海外気分です。

ロビーに出ると、お迎えのお兄さんが。
GMの大きなバンでレンタカー事務所へ向かいます。
これまたアメリカとかの送迎車と同じなので、海外気分・・・

今回「ACSレンタカー」さんという外車専門レンタカーさんに
お世話になったのですが、東京で外車の中古車ディーラーをしている会社が
母体らしく、車はどれもきれい。
那覇での営業をはじめたばかりだったので、オープン記念で
北海道の普通車くらいの価格でPTクルーザーが借りられました。

e0120717_19144512.jpg

なんでPTクルーザーにしたかというと・・・
ほんとはBMにしようと思ったのですが、PTクルーザーをレンタルしてるところ
って少ないし・・・
TDSの「センター・オブ・ジ・アース」の地底走行車みたいで
ちょっとかわってるんですよね、PTクルーザー。
舞浜駅にはたまにタクシーでとまっていて、一度のったことがあるのですが
とても静かで乗り心地のよい車。
なので、一度運転してみたいと思って借りて見ました。

夫は飛行機でビールを飲んだので私が運転。
空港近くの事務所から万座のホテルまで約70キロほど。
高速を使えばすぐだし、那覇は運転したことがあるので心配はない。
はずでしたが、PTクルーザーの運転席に少々プレッシャーw
運転席は底が深く、ひざ下が長い人が運転するには快適ですが
私のような短足のひとが運転すると・・・結構大変。

右ハンドルなので、運転には支障ないのですが
お約束にワイパーとウインカーが逆。
2,3回ワイパーを動かすというありがちなことをやってしまいました・・・

市街地を通って、那覇インターから高速へ。
高速ったって50キロで走っちゃうのが地元民・・・
ぐいぐい追い越して、あっという間に万座到着。

宿泊は、2009年リブランドしたANAインターコンチネンタル万座
最上階のプレミアムフロアのツインに。
1階のロビーも開放的で、最上階まで大きく吹きぬけ。
これぞリゾートというつくりです。
リブランド前は、ちょっとファミリー向け?というイメージでしたが
しっかり大人も楽しめるリゾートホテルになっていました。

部屋からは、青い海と白いチャペルが見え、同じ階にあるプレミアムラウンジからは
万座毛が眺められます。
このプレミアムラウンジは、沖縄サミットの際、Bクリントン米大統領が宿泊した部屋を
改装して作ったとのことで・・・琉球ガラスのアートや、品のよいソファがここいよいラウンジでした。

1日目は、ホテルで特典としてついていた夕食ブッフェ。
ホテルのブッフェだから・・とあまり期待していなかったのですが
かなりの品数と味もよく
10年前にきた時のイメージとは全く違いました。
サミット前と後ではこんなに違うものかと、料理だけでなく道路や設備についても
今回感じましたが・・・沖縄はかわったなあというのが一番の感想です。

昔は、こってこての沖縄料理で本土の人間の味覚とはちょっとあわない感じのものも
多かったのですが、今はアレンジされて本土の人間でも食べられるタイプのものがたくさん
出され、ブランド豚あぐーのお店や創作料理のお店も増えました。

2日目は、ちゅら海水族館へいき(夫は添乗でしか沖縄にきたことがなく、ちゅら海も何度かきているのに入館したことがない。いつかは、ちゅら海についた途端、上司からコンビニで具合の悪い生徒のためにウィダーイン〇リーを買って来いといわれれ、1.5キロほど歩いてコンビニまでいったとか・・・)、うわさの大水槽で泳ぐマンタやジンベイザメをみて満喫。
夜は、ホテル近くのフランス料理ベースの沖縄料理店「る・それいゆ」さんに。
インターコンチから車では5分ですが・・・あったかいし
歩こうかと、二人で暗い中をてくてくてくてく歩きましたww
夜空には沢山星がでていて、しずか。
時折こうもりが飛ぶ中を、ゆっくりてくてくと歩いておなかもすき、
お店では、上品な感じの沖縄料理を楽しみました。

3日目、せっかく無料のアクティビティーもあるんだし・・・
とホテルロビー階にある「リゾートセンター」へ

風が強いので、中止のアクティビティーも多かったのですが・・・
ボート遊覧をトライしてみることに。
夫は、バナナボートだの絶叫系が好きですが・・・私はそこまではイヤなので。
といっても、ボートも結構なスピードをだします。
救命胴衣をつけて、出発し、エメラルドグリーンの海をぶぼぼぼぼぼっとすすみます。

万座毛をくるりと海から眺めて戻ってきただけなのですが
潮風をうけながら、緑の海をはしるのは爽快!
夫は、これが楽しかったらしく・・・
もっとアクティビティーができる人と一緒にきたい!!と言い出し
なんと11月にも北海道の先輩達を誘って、沖縄にいく予定を組んだほど。
よっぽど嬉しかったのね、仕事以外の沖縄が。

3日目の午後は、ぶらりと国際どおりまでいき
かわいい沖縄のシーサーを買ったり、ビルケンシュトックの直営店で
サンダルを買ったりw
国際通りも10年前とは比べ物にならないほどきれいになっており驚きました・・・

うわさの免税店ギャラリアにもいきましたが・・
アウトレットあしびなーができた今、ここって存在価値は・・・という印象。
いっそのこと、ここもアウトレットならよかったのにね?

3日目の夜は、車で少しいった恩納なるスチームダイニング「しまぶた屋」さんへ。
幻の豚あぐーを蒸篭むしで食べられるお店で、かなりの人が入ってました。
蒸篭でむしたお肉はさっぱりしていて、少しにがりの強い石垣の塩で食べると美味。
海ぶどうも沢山食べました。

たいした活動はしなかったけれど・・・
ホテルのラウンジで夕日をみたり(夕日が落ちる寸前に夫は会社から電話がきて
夕日をみられませんでしたが・・)、のんびりのんびりできて
とってもよかったです。
これぞ、大人の沖縄という旅行でした。

次回11月の沖縄はどうなるか・・・
もっと激しい沖縄になるような気がしてなりませんが、
それはそれで、楽しみです。
[PR]
# by hana-mama-pome | 2010-09-27 19:35

天童の小料理屋さん

しばらくブログを更新してませんでしたが・・・
8月から仕事をはじめて、市内の総合福祉施設の総合受付で働いています。
受付のスタッフは、40歳の女性の先輩が一番年が近く、私が最年少。
みんな大人なので、のんびり穏やかに仕事をしています。

主に、会議室やホールの管理や利用申請受付などを担当していて
3ヶ月目ですが、ようやく仕事にも慣れてきました。
酒田では、専業主婦だったので知り合いはつくれませんでしたが
こちらでは、職場の方から色々地元のことを教わったり、地元のお店や食べ物を教わったりで
まだ8ヶ月ですが「住んでる」感は、酒田よりあります。

酒田より、買い物に不便しないというのは本当で、今は夫が営業車を持ってるし
自分で車を使えるから生活がとてもスムーズです。仕事をすることによってメリハリもできて
かといって、仕事で家事が全然できないってこともなく、ちょうどいいバランスで過ごせています。

先日、結婚3周年記念で天童の小料理屋さんにいってみました。
「山査子」というお店で、天童温泉からすぐ、うちから車で7,8分のところです。
テーブルや座敷は満席でしたが、カウンターがあいていたのでカウンターへ。
新鮮な牛刺しが880円、紅花入り芋まんじゅうというのが絶品で、一人ひとつたのめばよかったね、
というくらいおいしかったです。(たぶん里芋?)をうらごしして、茶巾にし、
上品なおだしのあんがかかっている一品。紅花の花がちらしてあって、見た目も上品でした。480円。

ふぐ刺しなども食べて大満足。
近くにこんないい雰囲気のお店があるとは・・・探してみるものですね。

今日から夫が夏休み。9連休のはじまりです。
私も6連休がとれたので、また19日からTDRへ遊びにまいります(笑)
今回は、「極上のホテルステイ」を満喫するため、パークはそこそこにする予定。
のんびり、が目的ですが、ハロウィンのイベントにテンションがあがるとどうなることやら・・

はなも元気で、そろそろ寒いと言い出しました。
ので、セーターをきています・・・

e0120717_16425289.jpg

[PR]
# by hana-mama-pome | 2009-10-17 16:43 | 今日のひとこと

辞令と引越し

実質、10月頃から「いつ出るか、いつ出るか」といい続けたまま年を越し、先日とうとう、夫の辞令が出ました。
今いる地域の営業ですが、地域名とはうらはらに、山向こうの担当なため、引越しせざるを得ない状況です。


昨日、物件を見学、契約にすすめました。今度は、さくらんぼ生産日本一の東根市。
山形空港がある街で、空港からすぐのところに家をみつけました。
家探しも、仕事探しも縁だなとは、毎度おもうのですが・・・、今回も辞令の翌日
前回と同じように、私がネットでまず調べてみたところ「2階建て一軒家 ペット可」がみつかりました。今の平屋貸家でも十分に広く、「こんなに広いとこには、もう住めないねえ」と話していたのに、今度はなんと、一階が17畳のリビングダイニング、お風呂と洗面所がマンションなみに狭いのですが・・ニ階には、10畳の洋室プラス、ウォークインクローゼット、8畳の洋室に大きなぶちぬき収納と、かなり広々デス。家賃は、今より7千円も安くなります。
郊外といえば郊外ですが、そのぶん静かですし、買い物に行くには、車で5分、10分走ると建ったばっかりの大型スーパーや、いろんなお店がたくさんあり・・・酒田よりは、買い物に困らなさそうです。

仙台も近くなるし、山形市もすぐ。となりの天童市にも色々あるので便利です。
酒田でも色々と名残惜しい出会いがありましたが・・・2年住まずに、去ることになりました。次の街にどれだけ住むのかわかりませんが・・・とりあえずは、また2年落ち着けるはず。
酒田では、のんびり専業主婦でしたが、東根では仕事をみつけようと思います。
2週間で引越し、と決めたので、ダンボールが来次第、作業しなくてはいけません。
夫はすでに22日から東根で仕事をしていて・・・今回もまた15泊ホテル住まい。
前回の40泊以上まではないので、なんとか頑張ってもらうしかないです。
そのかわり、私はまた一人で引越し準備・・・親の転勤を何度もみてきましたが、うちの父親は引越し作業を一緒にして(官舎住まいでしたから、退去時に壁を塗りなおしたり、ふすまを張りなおしたりということも父がして)、仲間が引越しを手伝ってくれて、車でトラックとともに、「お世話になりましたー!!」と見送られるのが、「会社の引越し」かなあと思ってましたが・・・
多分、うちはこれからも、辞令→夫は先にホテル住まい→私が後で追いかける
図式には、かわりないのかな。もう、すでに慣れてきましたが。
仕事をしてるのと、してないのでは全然違い・・・前回は、仕事しながらだったので、非常に大変でした。そのおかげで、今回は楽に作業できるような気がします。一人でも。

はなも、今回は飛行機でなく、車で移動です・・・車にのるのがあまり好きではないので・・
ちょっと心配ですが。2時間がんばってもらうしかないですね。


はなちょ ぐるぐるまき
e0120717_194433.jpg

[PR]
# by hana-mama-pome | 2009-01-25 19:03 | 今日のひとこと

仙台街歩き

旦那が最近会社のPCを持ち歩くのに、カバンがほしいといっており、酒田ではなかなか手に入らないため、仙台に買い物にでることにした。
ちょうど、仙台港に三井のアウトレットもオープンしたし、ついでにみてみようということになった。
朝、8時45分に家をでて、高速を乗り継ぐ。土曜日だったが、全く混んでおらず、3時間もかからずに仙台港近くのアウトレットに到着した。

仙台では初のアウトレットということで、先週末くらいまでは、高速のインターから2時間渋滞などだったらしいが、今週末は、建物の近くの駐車場に車をとめられるほどに人出はおさまっていた。インフォメーションをみて、勝手に広いと思い込んでいたら、2階だてで(笑)、予想以上にこじんまりしたアウトレットだった。千歳のアウトレットは、安い土地を使いまくって、という感じでひたすら平屋で店がずらりと並ぶ。みる順番をおおまかに決めていかないと疲れてしまうのだが、仙台は、あっという間に見られるコンパクトなつくりだった。

あちこちみてまわったが、まだ価格が高いような気がした。
千歳も最初は、某ブランドでセーターがアウトレット価格13000円、などばかりで、人はいるのに、買い物袋をさげた人が少なかった。どんどん価格が下がって、5千円以下の価格帯が多くでてくると、いくつも袋をさげた人が増えたのだ。
案の定、仙台でも人は多いが、たくさん袋を下げている人は、あまり多くなく、単なる見学という感じの人が多かった。まだまだ、土地もあるし、泉にもうひとつできるから競合して、将来大きくしていくのだろうと思う。

千歳にも入っているペットパラダイス、という犬の服屋さんがあるのだが、そこで留守番をしているはなにTシャツを買った。あとは、フランフランバザールで、スープカップを2だけ買い、昼を食べようかと思ったのだが、フードコートが一向に空かないので、さっさと駅前のホテルに移動することにした。

ホテルは、駅前で昨年できたドーミーにした。
あまりドーミーにいい印象がなかったのだが、口コミを見る限り、よさそうだったのと、天然温泉があるのが旦那好みかと思っての選択。
駐車場料金の高さが、さすが仙台・・・と思ったが、宿泊料自体はリーズナブル。部屋のレイアウトもバスタブをつけておらず、シャワーブースだけなので(←最近、結構あるようだ)ビジネスホテルの割りにゆったりしていた。しかも、廊下に通じるドアをあけると、すぐ右手に洗面所、左に独立トイレ、シャワーブースがあり、ベッドやデスクのある空間に入る前に引き戸がある。
それを閉めると、廊下の音がかなり遮断されて静かでよかった。なるほど、である。

最上階に、天然温泉の大浴場があり、女性用は、チェックインのときに暗証番号を渡され、それを入力しないとドアがあかないようになっている。ちょうど私が入ろうといったとき、中年のおやじが女性浴場の前で、立ち止まったり、うろうろしていたので、こういうセキュリティはありがたいと思った・・・
駅前の天然温泉、というと札幌のエーデルホフやJRタワー日航などを思い出すが、あのあたりの「温泉」は、塩素くさく、しかも、露天は、まるっきり「私、街中で風呂入ってます」という不思議なものなのだ。目隠しはしてあれど、駅前の車の音やいろんな店の音が丸聞こえなので、相当高いところだし、見えるわけもないのだが、ちょっと落ち着かない。
しかし、ここの露天は、あんなに騒々しい仙台の駅前ながら、静かで音楽を流しているため音が気にならない。うーん、なるほど、である。しかも、塩素くさくない、やわらかい泉質。ビジネスマンにかなりの好評価とあって、なかなかよいホテルだった。

ホテルは、本当に駅からすぐのところだったので、仙台アエルや、新しくできたパルコ(このトシでパルコで買うもんがあるとは思ってないが)、ロフトなどをはしごして、旦那は結局ロフトでカバンを見つけて購入。半径1.5キロ程度なのに、ぐるぐる歩き回って結構疲れてしまった。
翌日、ホテルを出たあと、旦那が街中を少し見て歩こう、というので、国分町あたりに車をとめて、アーケード街などを歩いてみた。札幌の大通りを想像していたのだが、飲み屋がごってり入っているビルがあり、アーケードがあり、ドンキホーテがあり・・・高級ブティック、三越があるので、札幌の人間に説明するなら、「すすきのと、大通りと、狸小路がごっちゃごちゃになっている」状態。でも、三越となりのかなり大きな別館が閉鎖されていたり、いまいち活気が感じられない。ビルもかなり古いものが多いように見えた。多分、札幌と同様に、駅前に人をとられているのでは・・・と。


e0120717_21282234.jpg
昼には、少し早かったが、市街地を離れたら、食べ物やを探すのが大変なので、ひらめきで「新規オープン」の和牛のお店に入ってみた。
オープン記念で980円で食べられたが、「漢方和牛刺しどんぶり」(写真)霜降りではなく、赤みの漬け、である。これにサラダバーとデザートがついてきた。
生の牛肉は、かみのやま温泉で米沢牛の刺身を食べた依頼だったが、臭みがなく、上品な、でも脂があまりない、ヘルシーな味わいだった。思いつきで入った割りに、いいものが食べられて大満足・・・。













e0120717_21293566.jpg
帰りは、宮城県を北上し、また鳴子温泉を通り、最上、新庄を経由して帰った。
途中、新庄で、いわゆる「ご当地バーガー」に近い手作りバーガーの店に入ってみた。前回、新庄に行ったとき、地図上でモスバーガーのマークだった場所に、「ハンズバーガー」という店があったので気になっていたのだ。
どうみても、モスの店をそのまま使っていて、略語までモスと同じ、メニューもちょっと煮ているのだが、自家製のパンや、ケチャップ、ミートソースを使っていて、本当に手作り。私は、地理チキンバーガーを、旦那は、ハンズバーガーを頼んでみた。
バンズに甘みがあり、ソースがあっさりなのに、とてもおいしい。
つきぬけるようなスパイスや、強烈な甘さがないので、とても優しい味の手作りバーガー。他のものも食べてみたいくらい、おいしかった。






高速を使うと、案外時間がかからなかったので(北海道の人間にしてみると、車で走っていて、「東京」だの「福島」だの出てくると、おおおおお、本州走ってる・・となるものである。)旦那いわく「またいきたい」。いつ引越しになるかまだまだわからないのだが、機会があればまたいってもいいかなと思う距離ではあった。車で仙台にいけるって・・・すごいな(笑)


今日のはなっぺ
おねえさんが、買ってくれたスティッチのきぐるみ。薄手だけど、すごくあったかくて動きやすいから、気に入ったのよ。


e0120717_21295936.jpg
[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-09-29 21:34 | 今日のひとこと

柴?ジャッカル?バンビ?

ここ10日間、ずっと暑く、クーラーも使ってしまうような気温。
家の中も30度になってしまうので、はなをサマーカットにしました。
本当は、うちの夫はサマーカットに反対で、
「宇宙犬」=地球上の犬に見えないくらいヘン
と文句をいいます。

確かに、前回はカタチがへんで、ちょっとかわいいというには程遠かったのですが
今回は、かわいいカタチにしてもらえました。
人間だって、美容師さんとの相性が悪ければ、「最新カット」でも
似合わない、へんな印象になっちゃうんですから、犬も同じなんです、きっと。

私も、かなりどきどきでしたが、迎えにいったところ
ペットホテルのオーナーであるおばあちゃんにも、トリマーさんにも
「かわいいのー」とほめてもらうほど。
今、はなは太り気味なのですが、なんだかすっきり。
足も長く、どうにもポメラニアンの容姿とは、かけはなれています。
かわいいとほめられて、はなもご機嫌。前回は、うつむき加減に恥ずかしそうにしていましたが・・今回は、にこにこしています。

今日、夫が帰ってくるので、反応がこわいですが・・・

柴風の正面
e0120717_13412224.jpg


何犬かわからないミックス風全形
e0120717_13421851.jpg


子犬のようにも見えますが、8歳のおばさんです
e0120717_13424825.jpg


こうなると、なんの動物か一瞬わからない
e0120717_13432694.jpg

[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-06-24 13:53 | はな

宮城 鳴子温泉

旦那が仙台駅近くの同期のお見せに新しく入るフライヤーの研修にいくことになり、運転要員でついていきました。

私は、はじめての仙台でしたが・・・・結局、観光は一切無し。食べ物も仙台名物のものは一口もたべずに数時間で仙台を後にする羽目に。ばかばかしいのですが、昼ごはんは何故か旭川ラーメンである「山頭火」、旦那を待つ間は、「びっくりドンキー」で時間つぶし・・・と、仙台の「北海道」しかふれなかった私。

宿は、温泉の種類があるということで、仙台より西北の鳴子温泉に。
鳴子温泉は、義経伝説が由来だそうで、義経の妻、静御前が山形の亀割山越えの際出産、生まれた赤ん坊がいつまでも産声をあげなかったものの、この地の温泉につけるとはじめて声をあげたことから「啼き子」がなまって「鳴子」となったとかとか。
あとは、飛鳥時代の帝が、深刻な皮膚病に冒されたとき、この温泉で治ったとか・・・
歴史ある温泉なのです。有名なものといえば、こけし。鳴子温泉に入ると、あちこちに巨大なこけしが出迎えてくれます。旦那が「登別温泉の鬼くらいデカイ」などといっていたので、探しましたが・・・一番大きいのが、街の入口にある7,8メートルのもの・・・まあ、はじめてみた時、それほど印象的だったというところでしょうか。

今回は、事前リサーチにより「吟の庄」さんという24室しかないお宿に決定。
夕食の時にぱっと数えたら、9組くらいしかいなかったので、本当に静かでした。
平日ということもあり、湯治客の年齢も高めだったせいか・・・ツアー客もいないし、修旅もいないし、時間は短くても、のんびりできました。

建物自体は、平成頭くらいの建築か改修といったくらいですが、清掃がいきとどいていて、アップしてくださったのか広くて、お手洗いが別になっているタイプのお部屋を用意していただきました。会席コースで料理重視コースではありましたが、質、量ともにすごく・・・2品ほど多かったような気がしました。山菜がいろいろ食べられたのは、よかったです。牛タンシチューがでましたが・・私はちょっとだめでした。
山形はお米が本当においしいのですが、宮城のお米もおいしかったです。お味噌汁も香りがとてもよくて、さすが仙台という感じでした。
旦那は、となりの姉妹ホテル(大きな修学旅行も入れるホテル)へ、天空露天に入りにいきました。このあたりでいわれる「うなぎ湯」という泉質で、とろっとしてるそうです。
私は、吟の庄さんの温泉だけ入りましたが、2つの泉質があり、露天の硫黄泉は、すいつくような泉質。山形は、透明な泉質ばかりなので、ひさびさに「温泉ー!」という満足感がありました。やっぱり硫黄泉は、湯冷めしにくく、いまだに足が冷たくて眠れない私も、寝るまで暑いくらいでした・・・。
e0120717_1764274.jpg
翌日、チェックアウトしてから、無料駐車場に車をうつして、
足湯が何箇所かあるのでまわってみようと、地図を片手に歩きました。
足湯もそれぞれに泉質が異なり、駅前にも透明なものと少し濁ったお湯2種類、駐車場の近くのお店とお店の間にちいさくあったのは、写真のくりぬき岩に流れている硫黄泉でした。
足湯をするだけでも、体がとてもあたたまるので、少し肌寒いくらいの気温でしたがきにならなくなりました。












その後、ガイドブックできになっていた「こけしマッチ」を入手するべく、「鳴子観光ホテル」さんに。日帰り入浴でもチェックインでもなく、こけしマッチだけ買いにくる客もいるものかしりませんが(笑)レジのところにある、こけしマッチと、姉妹品「ひよこマッチ」をいくつか購入。
e0120717_1714644.jpg
先輩に写メったところ、「笑いすぎて涙でてきた」と。それもそのはず、マッチ1本1本に顔がかいてあるのです・・・デザインの妙、です。「まりもっこり」より断然、品があっていい。こういうことに関しては、うちの兄(姉の夫)が私とツボがあうひとなので、兄は宮城出身ですが・・・おみやげにしようと思います。

帰りは、新庄をぬけて芭蕉がくだった最上川(ちゃんと、芭蕉乗船の地などもあるある)に沿って、47号線を帰ってきました。この道路は、旦那が東北祭りの添乗で、若かりし頃?通った道。しかし、「そう、このへん、もうかなりピンチだった」と出てくる話は、朝飲んだ旅館の牛乳にあたって、最上川くだりにお客さんを連れて行くときに大変だったというエピソード。
なんとかバスをとめずに乗船所についた瞬間、一番に降り(まあ、そこまでは普通)しかし、お客さんの誘導をせずにトイレへかけこんだそうで・・・・お客さんは、どう思ったことでせう?そんな場所を東北に住んでる自分が車でまた通るなんて誰が想像したでしょう・・・人生わからないものです。次は、どこに住むのだろうか(笑)

[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-05-16 17:14 | 今日のひとこと

春を追い越して

桜は、といっていたら9日に開花して、旦那の休みの日に見に行こうと待っていたら、雨なんかで・・・とうとう、満開の桜は見逃してしまいました。

でも、今日は天気がよかったので、1時間ほどひとりでぶらり。
新井田川という川沿いにずっと続く桜並木を、ほとほとと歩いてきました。
もう、半分くらい散ってしまってはいるものの、また風に舞い散る花びらも風情があり・・・
次の春は、どこで迎えるのかという、ぼんやりした未来と、ここに住んで1年か・・というまったりした過去を交錯させながら歩きました。


e0120717_1751407.jpg


e0120717_1812169.jpg

北海道にいたときは、あまり興味がなかった桜ですが・・・
こちらの桜は、色があわくて、ふわふわしていて・・・包み込むような美しさが感動的です。北海道では、どちらかというと紅葉のほうが私は好きで、夕張の紅葉山の幾重にも重なる紅葉の山々や、北大の13条門から連なるイチョウ並木の黄色は、とても鮮やかに記憶しています。富良野や美瑛の風景もいいんですけども・・・観光用のイメージが強すぎて。
北海道は、やっぱり原生林(笑)凛々しい美しさが似合います。
北海道の美は、どちらかというとビビッドな感じ?雪の白と、最北の不凍湖 支笏湖の冬の濃紺は、寒さを忘れるような美しさです。支笏湖は、四季それぞれにきれいなのですが、私は一番冬が好きです。ま・・わざわざ見に行くんじゃなくって、だいたいスキーの帰りに通りがかるだけでしたけども。(笑)

ストーブをしまって、布団をかえて。
ああ、また地獄の暑さがやってくる・・・(笑)ま、エアコンがあるんで、大丈夫なんですけど。


[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-04-21 18:03 | 今日のひとこと

春やーー

こちらは、すっかり春です。
我が家の車も、本日夏タイヤに。ワイパーも夏用に。スノーブラシもおろして。
外は、入学式くらいの気温かな・・・。ここ酒田は、予備校も県外にでてしまう子が多いそうで、高校卒業する子たちは、みんなそれぞれにバラバラになるみたいです。
だから、別れを惜しんでか?カラオケ屋が混んでます(笑)
e0120717_16592063.jpg
外を散歩すると、まだ花には早いのですが、もう少しで田んぼもおこされるであろう陽気。遠く、鳥海山にはまだ雪がたくさんですが・・・白鳥たちも北回帰をはじめ、ほとんどみなくなりました。モスバーガーさんで、「松葉ボタン」の栽培セットをもらいました。
早速、用意したのですが、発芽気温は「20度から25度」
・・・うちの中は、まだ12度とかなので、土をいれただけで保留(笑)
転勤族には、鉢植えってやっかいなのですが・・・種をまいて芽が出たときって
なんともいえない喜びがありますねえ。実がなるのも、そうですが。
花が咲く時も、そうですが私の場合、一番テンションがあがるのは、目がでたとき。
だもんで、よく花が咲く前にからしてしまったりします・・(泣)
もう少し、暖かくなったら種をうえて、芽が出るのを楽しみにしたいと思います。
ああ、暑くなったら「青菜」は、たべられなくなっちゃう・・・
北海道にいたときは、あんまり季節感って食べ物には感じていないほうでしたが、
こちらにくると、季節限定の地場野菜、とくにお漬物がたくさんあって季節を意識します。
私が好きな「青菜せいさい漬け」は、しゃきっとしたはざわりと、葉わさびのようなぴりっと感がおいしい山形の地場野菜漬物。お茶漬けとか、おにぎりに最高です。
そのほかにも、調理方法がわからない野菜がたくさん・・・(笑)安いんですけどね・・
調理方法が紹介されていたら、いいなと思うのですが。


お散歩はなっぺと、疲れて「ぷーちゃん」と練るはなっぺ
抱えている(自分で)のは、セブンイレブンで買ったぬいぐるみ、プードルのぷーちゃん。よくかじって、ふりまわして遊んでいます。

e0120717_16594093.jpg



e0120717_170976.jpg
[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-03-13 17:01 | 今日のひとこと

ひなまつり

色々あったとはいえ、1,2月は本当にあっという間に過ぎてしまいました。気が付けば3月。・・・私の誕生月・・・

明日は、ひなまつり、ということで、お約束に旦那が「雛ケーキ」を持って帰ってきた。
ガトーショコラなので、食べられたが、本当にケーキ好きだったらなと思ってしまいます。まだもうひとつ、「かまくら雛ケーキ」が冷蔵庫に・・・

昨年、私の母が酒田にきたとき、昔の大商家である「本間家別邸」で
母が小さなうさぎの雛飾りをかってくれました。うちは、卯年夫婦なので、ということで。
小さくて、おき場所にも困らないので2月の最初からずっと飾っています。
e0120717_1756818.jpg


酒田は、庄内雛街道の中心的街で、この季節は昔、船で京都から運ばれて
大事に保管されてきた貴重なお雛様があちこちで公開されます。
ひとことに雛人形といっても、本当にいろんなものがあって興味深いです。
昨年は、こっちにきたのが四月だったから遅かったのですが
今年は、ちょっとどこかへ見に行きたいなと思います。

酒田は、桜も見事。一般家庭でも素晴らしい桜やこぶしが春には
たくさん咲きます。ああ、ここに住んで1年経つんだなという感慨と共に
また今年もきれいな桜を楽しみにしています。




今日のはなちょ
外はあったかくても、やっぱりうちは寒いのよ。(ひつじさんは、もちろん湯たんぽです)
e0120717_17563271.jpg
[PR]
# by hana-mama-pome | 2008-03-02 17:57 | 今日のひとこと


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧